海紅俳句 1

号月号の同人の方の句をアイウエオ順に今回はア~サ行まで掲載します。
   タ行からは2に掲載しています。

                浜 松    安達 千栄子
海風ビュービューおんぼろ風車立つ
初釜の残りもの花びら餅春をよぶ
初日の出ぱくっと飲みこめば良いことありそう
ラベンダーの香り立つ水やり今日のあたたかさ
寒いよう泣き虫小僧かあさんゆずり

                   浜 松       渥美 ふみ
からだ二つ折りに下校の風の坂
雪ぐも広がる速さをどうしようもなく
やはり雪になった夕餉のメニュー変更する
一羽の鴉に無人駅の小さな日向
大きめのマスクが隠している弱味
病名は年賀状の端の小さな文字
難病と闘う人手探りのあした

                      東 京       石川  聡
梅よりはやいきいろ角の庭
枯れた太陽をすすきがまねく
出会ってアボカドの青いはじまり
もうゆうやけじゃんろぜしゃんぱん
ふゆ晴れ想いほどけゆくひこうき雲
セロテープ切る程のあいさつ堅雪を踏む
うすぐもり薄ら氷に線走るわがいちにち

                                                相模原      院瀬見 美登里
戦中女学生いちまいに減った賀状
なにもかもスローふゆぞらも見ないふり
税理士さんに送り冬晴れ時どきスキップ

                東 京     伊藤 郁子
寒鯉の味故郷の山並みの恵み
柿の木裸寒風に凜と立つ
下弦の月大きな弧を描き夜空に座す
孫たち帰る静寂の部屋寒い
山茶花庭を豊かに咲き誇る
教会の葬儀でもらうクリスマスカード
父母の墓深々と冷えてます新年

                     秋 田         伊藤 角子
突風が背を押すよろめく冬道
船着き場の船陸に上げられ冬支度
突然の電話に不確かな記憶
日暮れ雪道が氷になって足元
幼い兄弟雪を集めて坂づくり
老夫婦色違いのショルダーバックで雪道

                浜 松      伊藤 三枝
ワンパターンの日々を剥ぐ紅い薔薇
ぶらり寄った花屋葉ぼたんは正月の花
空一杯の星除夜の鐘渡る
冬晴れ年明けの白き富士望む
あり合わせの七草粥シャキシャキと朝
山茶花咲き満ち隣新築始まる
泥大根ぶらさげて天候不順の話

                浜 松      大内 愛子
駄菓子屋昭和のドロップ一缶買う
元日晴二日も晴れて老いた二人の日向ぼこ
年賀ハガキ夫の代筆緊張の字
寒波到来早々雨戸閉め鍋と熱かん
道端の白菜売れてる老人の愛想笑い
おみくじ引く境内は結びの花満開

                加 須     大迫 秀雪
あかぎれ哀しい弁当にする
空き家いい竹やぶあって竹かご作れる妻
肩に手を置く盲人の終電が近い
魚飲むため川鵜まっすぐ人造池へ
するめかじって奥歯ぎりぎり生きている
はたからは伐らずにおきたい木の伐られゆく
鳥のようにはしゃげる体温

                香 川    大西  節
一歩又一歩山茶花てらす歩巾
少しおくれて歩く冬空の吐息
故里に帰り星の数をかぞえる
何でもない石に足を止める日暮れ早い
年新た札所巡るあとから後から願事
宗像の神々の静寂波深し
棚に並ぶおとなの玩具風が通りすぎ

                防 府    岡原 舎利
死んだら庭の隅に埋めてやるよとノラ猫に言い
ノラ猫死んで約束通り庭の端に埋める
長々祈るなと教えられてます
粉雪の中新しいノラ猫がいた
居ついたノラ猫くさいといわれる

                 氏 家    折原 義司
駐車場の霜光り今日仕事納め
朝焼け上弦の月にホクロみたいな星
サイズ大きい新手帳大きく字書く
夜明け前雪掻き手元狂い星笑う
銀世界止んで大変降れば大変

                 福 岡    河合 さち
たたき牛蒡のお手伝いしたよ孫の絵日記に
姑同志孫の成長とお年玉増額談義
明けて日毎ふくらむ梅蕾
ドライ七草がゆ明日よと娘一袋置いてった
皆帰った本開くも栞挟む間なくおちた
西陽侘助にスポット春念う
ラジオ深夜放送切れ語り掛けてくる冬の雨

                 足 柄    河合  禎
何も無い誰も来ない正月久方
千両一夜にして消えた誰だ
落ちた椿の存在感まだまだ
どんど焼き少子高齢ここにも
雪掻き何年振りかな齢を知る

                 東 京    笠原 マヒト
自転車夜の闇スルスル
抜けた先コーヒーの香り
早朝空気がキレッキレ
ねこの声さかりの夜ゴロリ
月の下街は寝ていた
都市の雑踏ゆれている
カチンカチン冬の朝ツルツル

                       国分寺   梶原 由紀

霧の町は指から失くす
重力よ雪よさざんか動かない
死ねば透明雪踏まれゆく
鳥は文鎮 雪煙る
星の気配が湖面みずいろ
闇濃くなり水音強む
月さやかに盆地のふちまですき通る

                  東 京  上塚 功子
イチョウ裸木ぶらさがれそうに骨太
一番星見上げやけに必死にウォーキング
頬が冷たい月がどんどん欠けて行くよ
不忍池に初日の出待つ江戸の名残り
北極星見えたり見えなかったり弁天堂橋の上
白山茶花の公園猫三匹にゃんと答える
銀世界は夢と消え雪だるま頑張る

                    東 京  木内  縉
四畳半の逍遥
香具師の口上月の下
凍空駆けて回転木馬は皆迷子
あの塔の九階あたりで買いて貝殻
プルタブ持ち上げて倒せば新年だった
年明けて横丁に痩犬
メトロポリスの雪女さびしからずや

                  横 浜        空   心   菜
こつちを見てる猫
柿がまだ残つてる
安物のコップだけれど美しい
手に光が当たる冬日がそつと当たる
沈む日に汚れの目立つ窓ガラス
春の海真つ暗だつた由比ヶ浜
このあたたかい山吹き色の春の星

                                                       大 仙  熊谷 従子
凍て夜の風音叩く朝(あした)を案じ
シクラメンの鉢を主席に唯に春待つ
虹の橋、足もと見えぬ寒半ば
根開きの春呼ぶ集い雀たち
名は「シェーク」美容院の犬年おとこ
梅の木の確かな微熱蕾ふくらむ
キンカンくつくつ煮えて愚痴を聞く

                  東 京 小早川 すすむ
戌年の風が咬む 
寒空1UPキノコ土瓶蒸し
いくじなしの指ポケットで温める
葉が散って墓と人の区画が曖昧
もう会わない人を思いひとつ買いすぎた土産
冷えた眼差しの先に発火点
誰もが丸めた暦の上
              
                                                                        川 根  小籔 幸子
冬日ストーブから離れられない前向き後ろ向き
霜の朝蒲団はねのける勇気と甘え
大根抜く喜びおすそ分けする満足
底冷え夜の鼻歌もかすれ声
霜かぶり一夜で凍った金の成る木
朝水鉢に氷張る湯を注いで野鳥待つ
山里の夕暮れは早い柚子もぎ取りゆず湯に入る

                   見 附   紺    良造
底なしの蒼空に残り柿雪被り
寒の入り喜怒哀楽の滑車が回り
顔彩の黄色点々寒林の空に撒き
短律の句に出来た高い山の雪
窓越しの蔓梅もどきと年迎え
根雪かもじんと老いの肩冷える
白鷺の頸の屈伸雪降り止まぬ

                               東 京    さいと うこう
骨きしむ音バス窓の音
お巡りさん遠くを見ている元日うららか
国語教師にゃわからない問三アイツのホントのキモチ
魚へんクイズ得意だよぉなんてお賽銭待ってる
除夜の鐘と古いoasis聴きながら18までのベッドにいる
Bitcoinローラ天津甘栗シブヤのおしょーがつ
靴の中敷きほどささやかなしあわせ

                                                             福 岡  清水 伸子
しめ飾り掛けておく稲穂にくるすずめ
池に冬陽青鷺一羽今日もひたむき
枯枝にモズ首かしげ人恋しい静けさ
木立抜けてゆく風油山にうっすら冠雪
一年が過ぎコタツから顔出す猫の余裕
ポカポカ日和兄チャン猫は子猫なめまわす
心豊かに生きたい甘柿とからっ風

                   秋 田  菅原 瓔子
夕日は穏やかに影二つ結び
冬の暗がり支配する雪明り
身の内を吹雪くから甘酒のむ
空が苦手な耳連れて会いにくる
山と山白さ競い朝陽に映える
吹雪か波か海を覆う白い花
ここは迎え撃つ星降る街なか

                    横須賀  杉本 ゆきこ
二匹の犬の寝息と新しい年の息
新しい家族とピザ頬張る冬の夜
地面でもう一度見せる赤い椿
砂浜の足跡数える一月の朝
きらきらビーズのネックレス冬の岬
船の灯り水も少ない小さい港
冬空に顔のない自画像

                                     武蔵村山        千田 光子
雨車の音静か頭の中混沌
すねた訳でもないが一日が長い蒲団の中
当たり前のように時が過ぎて行く幸せ
医者から肉を食べるようハイ後は胃痛
足元にごぼう明日はキンピラ
慎重に豆を煮たつもりが今一
成人式着物文化を落しめた心ない人々