海紅俳句 1

月号の同人の方の句をアイウエオ順に今回はア~サ行まで掲載します。
   タ行からは2に掲載しています。 

              浜 松     安達 千栄子
送り火のぼる暮れきってない空
朝から蝉だけ元気猫も寝ている
水たまりに飛びこめ初めて長靴はいた
思いっきりどしゃ降り雨気まま
がんばりすぎた太陽お疲れ様
お土産は蝉の抜け殻そっと握った手
小さなすいかに冷蔵庫大パニック

                      浜 松     渥美 ふみ
夏こそ甘酒キャッチフレーズが美味です
夏星(なつぼし)の詳しくは知らず留守居の雨戸
お前は忍者か植田のカエル声だけ
紫陽花見上げ見下ろして山の傾斜(あじさいの里)
湿気巻きこみ朝顔の蔓昨日から今日
無人の庭浜木綿咲いてそのほか何もなし
媚ず怖じ気ず青鷺ずっとその位置

                浜 松     渥美 ゆかり
降りそうもなく朝とも昼ともない食事
梅雨晴れ続く散水隣の塀を越していた
梅雨が突然荒れ雨音の中の一日
いつのまにか人さけていた道の芥を掃く
やっと雨鉢植え置きかえ太いみみず伸びをする
目覚めてうとうと山鳩の声
海からもくもく真っ白い雲湧く

                                    東 京           石川  聡
(岐阜の森命さん宅訪問、畑も見せて頂く。三句)
鮎竿の先のあれが岐阜のお城
百坪とりどり真夏の命がみのり
桃太郎アイコ青の一輪車押すをとこ
花屋の硝子ケース初夏が結露している
湾岸プラントの錆びた毛細血管
淀んだ夏がうたない寝返り
炎天十歩だけ急ぐ

                          相模原   院瀬見美登里
梅雨あければバスケット持って海に通ったものヨ
頭部断層撮影いまさら怖いものなんて
引退プラン句友と夏の遠い電話

               浜 松           伊藤 三枝
葉生姜の歯触りまさに夏です
七夕願いは心に書くだけ
熊蝉空俄に動き出す
工事夫弁当つかう木陰の湖風
サイダージュワジュワ入道雲に乾杯
紫陽花の残った色に雨が来て
菩提寺建て替えの話梅雨続き

               浜 松       大 内 愛子
枇杷の大木手の届く枇杷の誘惑
夫昨日退院朝の鮭丁寧に焼く
家計簿誤差そのままで春すぎる
手の平に薬の彩り又夏が来た
ファッション大きな夏帽子唇もこく
夜の宅配ほろ酔い気分で印を押す
それぞれの思い煙りにのせ送り火

               東 京         大川 崇譜
ワンピースは手段だ
初盆ぼうずゆっくり手を廻す
大雨にほんを恵まない
大腿筋は行先のない階段
毎夜うまいよアイスクリーム
ますます指までソルティライチ
雲は白いでしょう岐阜駅乗り換え青い畑

              香 川   大西  節
草取り終る見計らって寄る雀
足の爪を切るご近所親睦会
夏水仙淡色やさしい声かける
紫玉葱水にはなすかなもじみだれる
湯浴みする赤子の声盥(たらい)出し
馬鈴薯の泥のかおあらう梅雨明け
父の日遠い父燻らす阿波煙草

                                防 府        岡原 舎利
同窓会名簿を買う死亡欄に初恋の人
おじゃまの枝々屋根を越えてゆれている
いつからかお数珠嫌いになりました
おミサ一〇〇〇円分聖歌は聴くだけ
コープのお兄さんの丸い顔がぬっと現れた
 
                       氏 家  折原 義司
バラ園で花見てる友のいい顔
二十歳のたまついに介護猫に眼がかわいい
妻との諍い猫の話題で終り
蛍の群に混じり乱舞したい私
梅雨晴赤青白紫陽花競いあう
 
                          福 岡  河合 さち
隣ののうぜん汗ばむ前に終わった
さくらんぼ有りったけ仕入れたくなる夏
裏隣りも解体始まる様変わる三十年目の夏
蝉乗っ取ったか救急車の音ぼける
尋常じゃない汗猛暑まきちらす
自然のやることなすこと度が過ぎる夏
駐在所の片隅三本の向日葵うなだれ
 
              足 柄         河合  禎
流れる白い雲をただ見ている病室
熱中症に縁のない部屋にいる侘しさ
大きな流れ星下野のそらに
 
                                        東 京        笠原 マヒト
上り階段の先が太陽
迷った服小さかった
夏高架下ゆっくり歩く
熱帯夜笑い声が窓から入る
あのグラフィティー前と変わっていた
汗と坂を上ると次は下った
彼と彼女とオレが夏だ

              国分寺    梶原 由紀
選挙カーに手を振る夏まつり
工場ラジオ体操カンナまっすぐ
みみず保たなかった雷鳴に手を合わす
燕に試される
猛暑日は音程が合わない
流木乾かず曇天のしま
黒いわたくしが日照りに消される

                                 東 京   上塚 功子
すっくと立葵合掌造りに色添える (旅六句 )
ほおずき連ね合掌造りを飾る里人
雨にずぶぬれこれも旅よ富山の浜辺
白波立つ東尋坊崖下から船が出る
二両編成小浜線七夕飾り華やか
永平寺に修行僧の声し昼餉の匂い
槿咲き蝉鳴き梅雨明け水を摂る

             横 浜      空   心   菜
少年の暗い沈黙白い雲
めがねケース暗い口空けて
般若が走つてる
食器に淡き箸の影
晴れた日も梅雨と言ふ季(とき)である
幼子に笑はれた
スプーンの光が好きだ
 
                                大 仙    熊谷 従子
柿若葉から梅雨がうっとうしい
トマト畑色付き鴉と私の知恵くらべ
それぞれに本音が見えるクールビズ
蓬餅こねる義母の手昭和遠のく
朝捥ぎの胡瓜「くの字」「しの字」に曲りいる
休耕田うめつくす雑草の種こぼれ
味噌汁にもずく浮かせ磯の香胃にやさし

              東 京         小早川すすむ
準備中の老女の脚おそろしく
そのチョンノ間を右に曲がれば神の家
覗くな入るな声かけるな郵便局以外住宅だ
灰鍵盤に落ちるガーシュイン
ランダムなiPodに時々奇跡
ここはまるでいつも夕暮れ
足あとひとつだけ戻ればふたつ

              川 根  小籔 幸子
カタカタ回る扇風機馴れた風
突然の雨自然を洗いツバメ羽根を洗う
ツバメ宙返り胸の白さと空の青さと
黒雲早足で山を下り雨連れてきた
楽しくも悲しくもほととぎすの声
暑い夜風鈴の音涼となり
天変地異蝉は鳴かず庭にウグイス

                                  見 附   紺  良造
暮らしの鼓動聞こえる青葉の山から谷間から
缶蹴り上げてその夕景を股覗きした
ひょうひょうと自販機の麦茶味わう
田舎謳歌する行々子と思春期の草笛
夏が来れば思い出す友と潜った川底の石
少年河童胡瓜が好きで他人の畠に這入り
夏の山近くて故郷の空少しだけ見える

             東 京          さいとうこう
夏期講座ぬるりと眼鏡が下がる
夏のわさびが東京を弾く
十九才駿河台夏の方角
鞄を傘にして青春を走る
坂の下ペダル漕ぐ君は蛍
初見10辛はバカの極みありったけの太陽へ天竜川

                    福 岡   清水 伸子
植木屋さん来てくれた一ぺんに夏空
とら猫寝そべって大きな目私の一部始終
波乱の幕開け大相撲もえる炎暑
濁流に東峰村のみ込まれボランティア二千人
山笠に行った子おみやげは祇園饅じゅう
男衆水法被街から消えて蟬しぐれ
庭に笹ゆり二本三本病後のくらし

                                      秋 田   菅原   瓔子
女です言葉をくしけずっている
きのう今日の雨に胡瓜とれに採れ
葵祭の人の多さに今も酔ってる
パンにジャム塗り米穀通帳ふと浮かぶ
薫風にカタカタ鳴る房子さんの風鈴
メモにないけどカット西瓜お願いします
虫よけスプレー浴び籐椅子に座り

                横須賀   杉本ゆきこ
海も手足伸ばして夏休み
感情のドリンクください
無花果口の中でぐしゃぐしゃ泣いた
北斎の波しぶきサーファー呼ぶ
濡れた砂か犬の肉球冷やす
夏の深夜昔の友だち笑う声
生まれた町戻れない痩せた向日葵

                  武蔵村山    千田 光子
カタカタとうもろこし茹でて兄の帰り待つ
兄アトピーに泣く何十年も見る辛さ
友人来た座ってと言えない乱雑な室
ヒアリ日本上陸北のロケット並に脅威
パラパラ通り雨人に地に模様付け
十年前の梅やっと人の胃袋に
テレビ濁流写り自然の凄まじさに震える