各地俳況

各地俳況

赤壺詩社句会(倉敷)五月二日                    児島市民交流センター
若葉どこまでも透明な空                                 節
桜だなー」「元気いいなー」                        あきら
節さんの野点姿花に添う                             順 子
次々に逢えば身体を先に聞き                           多計
あげは蝶つつじを二回り秘密の暗号            幸 子
さんの耳遠く段々畑                              きいち
手に負えず梅伐るばかとなった日                         知 子
イタドリ伸びる旧友の顔よぎる                         としかつ
舞い猫が渡る遊歩道                              洋一郎
見ているつもりが見つめられ嬰児の瞳                      みほこ
里山笑うそれぞれの旅立ち                           鈴 子

横浜立弓庵句会(横浜)五月八日                          幸ヶ谷集会所
少女に獣のうぶ毛立つ                             紀 子
なんにも知らないふりして躑躅満開                       こ う
小雨に濡れる晩春川船番所跡                          吉 明
ワクチンの左肩こでまりはゆれていた                      耕 司

阿良野句会(浜松)五月十六日                        加代居
やっと来た修学旅行みんなの笑い顔                      千栄子
おかしな天気部屋のすみには服の山                      美代子
元気ならば傘寿しみじみ遺影                         加 代
茶摘籠背負って登る細い道                          愛 子 

しらさぎ句会(東京)五月二十、二十一日                       テレ句会
鳰の子四羽浮上の母をぴーぴーと追う                     功 子
青梅山盛り容器断捨離しちゃったな                      通 子
佐賀一面麦秋ダイブしたい                          さ ち
補助金政治国民阿保国尻貧                          毅

サザンカネット句会(渋谷)五月
                                                            渋谷区文化総合センター大和田
白いシーツ白い枕の夢つづき                          吉 明
名無しの紙片を星に透かして見る                     耳 彦
サツキの天下は短かったな一号線                     耕 司
サンキューがべらぼうソイラテを待つあいだ                崇 譜
君のそばかす春に画竜点睛                       すすむ
腹裂いて幸福論を詰めて縫う                       叶
セロトニン瀬音にあらわれる                       聡

海紅ネット句会「俳三昧」五月
身のうちの自在鉤すこしうごきはつ夏                  聡
恋をした途端に風が裏返る                      秀 斗
ぱちぱきとにんにくのめをつむキミに吹く風              秀 雪
妹思いのなんでくん雨の中でシャボン玉遊び              耕 司
コトリ土に埋める空のモノローグ                   吉 明
戦争円安訃報もうアジサイか                     幸 三
芽吹きの雨やわらかく触れてゆく                   はるか
真向あおい空だ本音さらりと隠す                   こ う