各地俳況

各地俳況

赤壺詩社吟行句会(倉敷)四月六日
                                                                 黒島 みはらし
椿ぽとり落ち夜が笑っている               節
里山浅い緑に晴れわたる                あきら
落ち着ける春の雨亡母の手仕事             順 子
人の輪傷ついたしだれ桜よみがえる           多計士
春宵窓ガラスにやもりの手               幸 子
花より酒がいいネ誕生日                きいち
梅を背に六地蔵はうつらうつら             知 子
塀の上悠々歩く野良に春の昼             としかつ
カラオケのスタートはいつもアメリカ橋        洋一郎
凛とした生き方を教えてくれる椿よ          みほこ
山ふくらませて山桜ほのぼの                鈴 子

サザンカネット句会別邸
                               四月十六~十八日TwitterDM
それぞれの死生観と色の名まえ               響 子
かすむビル群見ておどけふるいポーズで                    秀  雪
小雨から止むまでが長い                                              けいえむ
また返しそびれてそびえるタッパー                           カズマ
走りかた忘れたバイクと日向ぼこ                               幸  弘
いぬとふたりきり街灯も暗い町                                   玉  虫
勝手に星座をこしらえる姉妹                                      とつき
一生懸命になれずぶらんこを降りる                           啓  斗
ソーシャルディスタンスのスーパー出た星空のディスタンス                                                                                                                          聡
童心というには切実ここから先のしゃぼん玉            こ  う
歩道に桂馬うちながら                                                   崇  譜

阿良野句会(浜松)四月二十日 ゆかり居
アマビエなる昔の妖怪に力(ちから)もらう    千栄子
散った花びら幼児ら無心に戯れ            愛 子
花祭の八日現(いま)スーパームーン        三 枝
柿若葉免許更新のハガキ来て          加 代
コロナに負けじ桜古木貫録の枝振り       ふ み
今日は啼かない山鳩二羽で来ている       ゆかり

かみなり社句会(氏家)投句のみ
春彼岸まぢかに雪の金精川           義 司
着く岸は何処春迷コロナ船           黒山人
里山に弁当持って春さがし           モ ト
三鉄に乗れる歓び四月旅            守 之
春嵐コロナ連れてけ彼方へ           悦 子

海紅ネット句会「俳三昧」四月
そのあとの優しい言葉さくら散る        吉 明
二輪草の呼吸(いき)満ちてフクロウ孵る    秀 雪
そよかぜ葉桜のきみどりに祈る          聡
疎林から飛び出した白山桜           耕 司
花落ちて地に立つ花弁がある          直 弥
生きて匂うラーメン屋を過ぎる         由 紀
子どもの笑い声聞きたい校庭の花達       ゆきこ
カシャンカシャン精密なロボットみたいにヒヤシンスひらく                      はるか
陽ざしは春キャベツ今日はネコの箸置きをならべ こ う