各地俳況

  【各地俳況】
赤壺詩社句会(倉敷)   三月六日 児島市民交流センター
ふと眠りこけた木々の芽やさしい距離                                         節
春一番小鳥のはしゃぎよう                                                         あきら
お雛同窓会ひそひそばなしは闇の中                                         順   子
叔母逝く空家に水仙咲きほこり                                                 柏   子
ひな菓子をもらってバイバイ涙顔                                             玉   恵
竹林は風をもらって雲と遊ぶ                                                     幸   子
小春日たっぷり浴びて猫になる                                                 きいち
だいりさま押し入れの隅でちぢこまる                                     知   子
遍路みちタラの芽ぶきまだか                                                としかつ
大きないちごまんまるな午後                                                     鈴   子

 阿良野句会(浜松)    三月十三日    佐鳴台協働センター
水玉でいっぱい草間彌生街にあふれる                                     千栄子
訳あり林檎どっこい北国甘い                                                     三   枝
壇上の選抜球児みんなキラキラ                                                 加   代
ややこしい話ぬきにして梅の香の中                                         ふ    み
野良猫の居場所は梅咲くブロックの片隅                                 ゆかり

   しらさぎ句会(東京)           三月十三日           上野カラオケ館
 照子さん体調崩しており会場とれず、功子さんの計らいで、上野の山を見
 下ろすカラオケ館での句会でしたが、ちょっと早かったですね。
目に飛び込んで来た水仙の黄                                                         毅
照子さんいない句会早咲き桜散り始める                                 功   子
しらさぎがしらさぎでない淋しさ                                                禎
練馬大根でタクアン婿殿のこだわり           ゆきお

   自由律鹿沼クラブ(鹿沼)    三月十八日              菊沢コミセン
スーパーの片すみ焼芋の匂い人をよぶ                                     君   子
しっぽ振り振りセキレイが横断します                                     玲   子
丹精こめた庭の野菜を襲う犯人は青虫                                     佳   子
ひときわ香る紅梅にみとれ足止める                                         澄   江
大谷石の蛙に祈る六年目の三・一一                                         幸   子
セピアの卒業写真春夕焼に染まる                                             憲   一
がまんしないでと云う医師に南無阿弥陀仏        智 庸

 海紅スカイプ句会(東京)三月十八日  目黒鷹番住区センター
慎ましく沈殿してる上巳かな空心菜
黒く羽ばたく洗濯物干されたまま                                             吉   明
この角を曲がって菜の花にうなずく                                         耕   司
天ざるCONVERSE 草野球My 春                                             広   太
貝殻落としたあなたの骨です                                                     直   弥
歌舞伎町ソーダ割り荻窪をお湯割り                                        すすむ
ひとみ縦にするけものへん                                                         崇   譜
右腕さすりつつ帰る鉄塔も修理中                                                聡
白いペンキ垂らす作業服の男は鳩になる         ゆきこ
桜より早くカズの二・二六満開だ            唯 人
残雪に月並な鴉三々五々と散り                                                良 造