各地俳況

  【各地俳況】

 赤壺詩社句会(倉敷)七月三日            児島市民交流センター
手提袋にゆるり忍び込んだ梅雨寒                      節
梅雨入り裏表の蛙が総出                         あきら
たおやかにねじ花と白蝶                         順 子
アジサイの変わりゆく色に安らぐ                     柏 子
プチトマト割れる程にドシャブリの雨                   玉 恵
なべの夏野菜煮つまってます                                                  幸 子
月高くたんぼに雲流れ                           多計士
雷鳴の一瞬夜を分ける                           知 子
黒アゲハちょっとより道レモン坂                      きいち
「梅雨はどこへ行ったの」孫が問う                    としかつ
同じ風景が続く道また迷った                        鈴 子
 

        岐阜の森命氏の畑です
 岐阜句会(岐阜) 七月八日                                森命居
ささいな願い事ささない七日                                     崇 譜
百坪とりどり真夏の命がみのり                            聡
いらっしゃい西瓜があいさつ照り返し                               命
 海紅社句会(東京)七月十五日                鷹番住区センター
新幹線ビールの開く音                                                               マヒト
夏期講座ぬるりと眼鏡が下がる                                               こ う
黒鍵も白鍵もなくかすれ                           すすむ
大人転びダメージはアスファルト                       崇 譜
名古屋へのぞみ新茶まったく揺れない                   聡
幼稚園の笹の葉誰ぞ持って行きなされって青青             唯 人
 

 阿良野句会(浜松)七月十七日                佐鳴台協働センター
擬(ぎ)宝(ぼ)珠(し)花ぐんとのびせみ一声        千栄子
未だ夢の途中朝顔のつぼみ              三 枝
やっと雨降った朝のコーヒー熱々           加 代
凌霄満開ランドセル音鳴らして通る          ふ み
快晴三方の窓開け夏の設えに                            侑 子
洗濯物ひらひらさせお隣又お留守           ゆかり
 

 しらさぎ句会(東京)七月二十四日            上野カラオケ館
あじさいの剪定来年も生きたい             毅
エアコン点けた消したりの水不足           功 子
何をどうするたってこの暑さじゃね          ゆきお