お知らせ

〇4月号ボチボチ更新始めます。
なお、海紅同人規定と言うほどのものではありませんが、「海紅同人とは」についてを「問い合わせ」欄に書き加えました。
○「近作玉什」「巻頭句」「海紅俳句Ⅰ・Ⅱ」更新しました。(4/20)

 

 

 

【第十八回自由律俳句フォーラムお知らせ】
投句は3月末で締めきりました、現在はフォ-ラム大賞を決めるべく投句者全員の方に互選して頂いているところです。(4/20)
 今回は①雑詠句  ②題詠句「風」の二句を投句戴き、得点一位句には大賞として二、三位の方にもささやかですがクオカードを贈呈いたします。(重複はどちらか上位句とします)
 当会の名前には東京と冠が付いていますが、東京が開催地であることの理由で、フォーラム自体は地域に関係なく何処にお住まいの方でも参加でき、年会費もなく結社と違って出入り自由、自由律俳句を心から楽しむ会です。
 近隣の方は自由闊達な意見の交換で句会を盛り上げるためにも、当日会場への参加をお誘い合わせのうえ是非よろしくお願い申し上げます。
1,日 時 平成29年5月20日(土)午後1時半より5時まで
    ※会場には10分前までにご参集下さい。
2,会 場 江東区 芭蕉記念館・分館会議室(お間違えなきよう)
    〒135-0006 東京都江東区常盤1-6-3
    電話03-3631‐1448
    地下鉄都営大江戸線 森下駅A1出口より徒歩8分
    東京メトロ半蔵門線 清澄白河駅清澄通り改札A1出口徒歩8分3,参加費  1.000円 (資料代含む)
4,大会参加のご希望の方は下記へご連絡下さい。
  〒154-0012 東京都世田谷区駒沢2-28-14
   海紅社」中塚唯人宛   電話・FAX:03-3422-6962
  (メールの場合はtadato8008@nifty.comアドレスへ)
7,締切  平成29年5月15日
8,主催 東京自由律俳句会


◎海紅同人になると全国の仲間との毎月のネット句会「俳三昧」に参加出ます。またテレビ電話を使用する「スカイプ句会」にも参加可能となります。是非ご興味のある方は問い合わせまでお訪ね下さい。また
ごスカイプ句会への質問、申し込みも http://kaikoh.wix.com/skype  
を開き、下段の「メールフォーム」から必ずお願い致します。
なお、回線の都合上、現在の申し込み受け付けは海紅同人のみとさせていただきます。

御藩亭twitterはそのままです@gohantei_kaikoh  からお入り下さい。


◎海紅同人、現在の海紅の生き字引と呼ばれる田中耕司氏が五〇年のご自分の俳句史を語った句集「音のない午後」が十二月上梓されました。ご希望の方は一冊千円で送付します。

「お問い合わせ欄」からお申し込み下さい。(1/9)

 

 

 

 

 

 

◎「海紅文 庫・碧梧桐句集・一碧楼句集発売」
◎電子書籍版碧梧桐句集・一碧楼句集の購入方法を下記のように簡略化しました。書店では今や手に入らぬ貴重な自由律資料です。電子書籍で是非お読み下さい。 

碧梧桐句集、一碧楼句集CM 定型から新傾向、そして自由律俳句へと駆け抜けた俳壇の風雲児、碧梧桐の軌跡を辿る決定版句集!
 海紅創立者にして俳壇の巨星、河東碧梧桐史上初の電子書籍化です。パソコンやタブレットで読めるように文字のサイズや間取りなどに余裕を持たせ、読み易く編纂。碧梧桐門下で作家の瀧井孝作の碧梧桐論、青木月斗のご息女の碧梧桐記録、年表や碧梧桐に関する貴重な写真も収録しました。定価九八〇円(税別)

また自由律俳句を最初に世の中に発表した中塚一碧楼句集「冬海」も完成しました。自由律俳句を知るためにも是非読んでおかなければならない一冊です。
インターネット検索ページでDL marketと入力し梧桐句集or一碧楼句集と入れ画面に従い購入画面に入ります。その後、電子書店DL market からメールが来て、そのURLからホーム画面を出し読み込みます。あとはお好きなファイルに保存すればOKです。
書店では今や手に入らぬ貴重な自由律資料です。電子書籍で是非お読み下さい。