お知らせ

☆緊急ニュース
いよいよ9月号から「新・海紅誌」に模様替えします。表紙はカラー、中味は36ページ背表紙もつく予定です。現在鋭意準備を進めています。乞うご期待!

〇暑いですねえ。これにめげず7月号更新はじめます。
○「近作玉什」「巻頭句」「海紅俳句Ⅰ・Ⅱ」更新しました。(7/21)
◎「平成二十九年全国大会」と「そのレポート」更新しました。写真も追加しました。(7/8)

【海紅社だより】                中塚 唯人
 六月十七日の海紅社句会の後に、いよいよ九月号からイラストレイターというソフトを使った新たなる海紅誌のレイアウトの改正、新しい編集の具体的方法をデザイナーの先生を交え話し合われました。主な変更点は表紙と表紙裏、また裏表紙と裏表紙裏は紙質を良くしカラー対応が可能です。表紙はいつもの海紅文字の朱を使うため全体は白となり、海紅文字の下に黒字で年と月号が入り、目次は別立てとなります。表紙裏面にはカラーが使えますので今後の企画待ちとなります。その後は「目次」「近作玉什」「巻頭」「海紅俳句」と続き、ほぼこれまでと同じ編成となります。裏表紙、表紙裏もカラー仕立てで、裏表紙は判とする予定で、なにか催しなどがあればカラー写真も使える余地を残しておきます。製本方法は、本文を表紙でくるんで背の部分を特殊糊で固める無線綴じとなりますので背表紙がつきます。本文の一ページは二段組千字となり、「近況録」の文字も二段で字を大きくします。投句用紙は切り取りやすく裏表紙前に挿入します。大体大ざっぱに申し上げるとこのような様式となります。

 正直言ってレイアウトだけ決めましたが、これを実行するためにデザイナーさんに先ず枠組みを作って貰い、多くの若手に協力して頂き、長く将来に向かって続けられるよう簡略し、多くの人が係われるようにイラストレータという新しい武器を共有し使えるよう、七月の海紅社句会後には崇譜さんの指導の下セミナーを実施します。
 すべてこれは二百年目に向かっての海紅プロジェクトの出発点です。
 

◎海紅同人になると全国の仲間との毎月のネット句会「俳三昧」に参加出ます。またテレビ電話を使用する「スカイプ句会」にも参加可能となります。是非ご興味のある方は問い合わせまでお訪ね下さい。またごスカイプ句会への質問、申し込みも http://kaikoh.wix.com/skype  を開き、下段の「メールフォーム」から必ずお願い致します。
なお、回線の都合上、現在の申し込み受け付けは海紅同人のみとさせていただきます。

御藩亭twitterはそのままです@gohantei_kaikoh  からお入り下さい。

◎「海紅文 庫・碧梧桐句集・一碧楼句集発売」
◎電子書籍版碧梧桐句集・一碧楼句集の購入方法を下記のように簡略化しました。書店では今や手に入らぬ貴重な自由律資料です。電子書籍で是非お読み下さい。 

碧梧桐句集、一碧楼句集CM 定型から新傾向、そして自由律俳句へと駆け抜けた俳壇の風雲児、碧梧桐の軌跡を辿る決定版句集!
 海紅創立者にして俳壇の巨星、河東碧梧桐史上初の電子書籍化です。パソコンやタブレットで読めるように文字のサイズや間取りなどに余裕を持たせ、読み易く編纂。碧梧桐門下で作家の瀧井孝作の碧梧桐論、青木月斗のご息女の碧梧桐記録、年表や碧梧桐に関する貴重な写真も収録しました。定価九八〇円(税別)

また自由律俳句を最初に世の中に発表した中塚一碧楼句集「冬海」も完成しました。自由律俳句を知るためにも是非読んでおかなければならない一冊です。
インターネット検索ページでDL marketと入力し梧桐句集or一碧楼句集と入れ画面に従い購入画面に入ります。その後、電子書店DL market からメールが来て、そのURLからホーム画面を出し読み込みます。あとはお好きなファイルに保存すればOKです。
書店では今や手に入らぬ貴重な自由律資料です。電子書籍で是非お読み下さい。