お知らせ

☆海紅11月号写真を入れすべて更新終了しました。(11/13)
目  次
◆秋の足音・山の朝                    表2/表3
◆近作玉什                         2
◆巻頭句「秋の詩」   河合さち                             「夏の通り道」 小早川すすむ        3
◆海紅俳句                                                            4
◆各地俳況                  16
◆句評 「九月号作品より」         18
◆海紅社句会レポート  平林吉明        22
◆秋田かも川吟社奇人伝(Ⅱ)紺 良造            32
◆山頭火日記Ⅵ     渥美ゆかり                33
◆続・一碧楼物語69話       中塚唯人              35
◆近況録・お知らせ・海紅社だより        39

     

10月海紅社玄関

【海紅社だより】中塚 唯人
 我が家の金木犀も六年前に世田谷ボロ市で購入してからやっと昨年三輪ほど花を咲かせました。今年は思い切って花芽前に混んだ枝を剪り日当たりを良くしたせいか、下の方の若枝だけですが十輪花を付けました。来年はもっと研究し花数を増やしたいと思っています。そんなことを考え意識して我が街見みると、あちらこちらに金木犀は咲いています。これは気が付かないというよりも、五感を働かせないと鈍ってしまう結果です。お蔭で鼻を働かせることで駒沢大学駅まで徒歩七分の間に、九本の金木犀が咲いていることに気付かされました。そんなことで金木犀を発見しながら毎日楽しくかかさず一万歩歩いております。ただ海紅社の裏の家が更地になり、日当たりは良くなりましたが、丸見えになってしまったことは困ったことです。
 それで先日、不動産会社が現地案内をしていましたので、冷やかしに行きましたら余りにもの土地の高さにビックリしました。

 

 続いて九月十四日に発売されました毎日新聞社の「俳句αあるふぁあ」10・11月号の四十才以下の若手俳人で構成する「新世紀の俳人たち」のコーナーに、私の推薦文と共に海紅社句会の梶原由紀さんの七句が掲載されました。四名抽出ですがもちろん自由律人からは由紀さんただ一人です。その句には断然と若さと個性の煌めきが感じられます。是非書店でご覧下さるようお願い致します。他にも同社の「水の俳句」、角川の「俳句年間」【全国結社・俳誌―一年の動向】などにも出句を求められており、今回は若手を選抜しましたが、今後も東京四季出版社の「俳誌要覧」など(ほぼ全員が載ります)自由律俳句の世の中に露出する機会を捕まえて積極的に俳句界に打って出たいと思います。掲載時点でお知らせ致しますのでご期待下さい。
 梶原由紀七句

   影 絵
  黒点となり紅葉の中をひとびと
  影絵の指にはじかれる
  五厘刈りやさしい秋の日照り
  羽織ったまま天気のはなし
  綺麗な萩で困る靴をそろえる
  しおれた草原にんげん体育座り
  剥きだし歯列すすきさらさら

【第十九回自由律俳句フォーラム】
 今回は勉強会を中心に開催します投句の方は席題なしの自由句二句をご送付下さい。勉強会のテーマは「フォーラムの今後を考える」です。

 投句は締め切りましたが、近隣の方は自由闊達な意見の交換で句会を盛り上げるためにも、当日会場への参加を、皆様お誘い合わせのうえ是非よろしくお願い申し上げます。

1,日 時 平成29 年11 月25 日(土)午後1 時半より5時まで
※会場には20 分前までにご参集下さい。
2,会 場 江東区 芭蕉記念館・本館第一会議室
  〒135-0006 東京都江東区常盤1-6-3
電話03-3631‐1448
地下鉄都営大江戸線 森下駅A1出口より徒歩7分
東京メトロ半蔵門線 清澄白河駅清澄通り改札A1出口徒歩10分
3,参加費 1.000 円 (当日の資料代含む)
  ※懇親会は会の終了後引き続き同所で行います。
(費用1.500円)
,参加申込先
 〒154-0012 東京都世田谷区駒沢2-28-14
 「海紅社」中塚唯人宛 電話・FAX:03-3422-6962(メールの場合は
tadato8008@nifty.comアドレスへ)
7,申し込み締切 平成29 年11 月24 日
 (期限厳守でお願いします)

8,主催 東京自由律俳句会 

 

◎海紅同人になる全国の仲間との毎月のネット句会「俳三昧」に参加出ます。またテレビ電話を使用する「スカイプ句会」にも参加可能となります。是非ご興味のある方は問い合わせ欄からお訪ね下さい。
また
ごスカイプ句会への質問、申し込みも http://kaikoh.wix.com/skype  
を開き、下段の「メールフォーム」から必ずお願い致します。
なお、回線の都合上、現在の申し込み受け付けは海紅同人のみとさせていただきます。

御藩亭twitterはそのままです@gohantei_kaikoh  からお入り下さい。

◎「海紅文 庫・碧梧桐句集・一碧楼句集発売」
◎電子書籍版碧梧桐句集・一碧楼句集の購入方法を下記のように簡略化しました。書店では今や手に入らぬ貴重な自由律資料です。電子書籍で是非お読み下さい。 

碧梧桐句集、一碧楼句集CM 定型から新傾向、そして自由律俳句へと駆け抜けた俳壇の風雲児、碧梧桐の軌跡を辿る決定版句集!
 海紅創立者にして俳壇の巨星、河東碧梧桐史上初の電子書籍化です。パソコンやタブレットで読めるように文字のサイズや間取りなどに余裕を持たせ、読み易く編纂。碧梧桐門下で作家の瀧井孝作の碧梧桐論、青木月斗のご息女の碧梧桐記録、年表や碧梧桐に関する貴重な写真も収録しました。定価九八〇円(税別)

また自由律俳句を最初に世の中に発表した中塚一碧楼句集「冬海」も完成しました。自由律俳句を知るためにも是非読んでおかなければならない一冊です。
インターネット検索ページでDL marketと入力し梧桐句集or一碧楼句集と入れ画面に従い購入画面に入ります。その後、電子書店DL market からメールが来て、そのURLからホーム画面を出し読み込みます。あとはお好きなファイルに保存すればOKです。
書店では今や手に入らぬ貴重な自由律資料です。電子書籍で是非お読み下さい。