近作玉什・巻頭

  【近作玉什】

 九月号作品より     中塚 唯人薦
 ―夏点描―
梅雨ふきとばす真っ赤なトマトほおばり 安達 千栄子
アガパンサス地上の花火音のない花火  渥美 ふみ
昼の夢みたくって顔へ夏帽子      石川 聡
鉄道の行き先山へ消える 笠原マヒト
雨がそうですねしか言わない      梶原 由紀
天気雨光るあの頃の紫陽花       気仙 学
ウェディングベル妹は風船のように さいとう こう
それぞれに染まるアジサイ姉妹     杉本ゆきこ
台風のニュースくつ下の穴繕う     千田 光子
夏の川こどもの足は小さいな      田中 教平
白むくげ朝の顔している古里      原 鈴子
人間の生きがいである米を食べる ま さ
正座のまじめ雨蛙           正木 かおる
かたつむり三角四角の夢を見る     森川 チヤ
ムシムシに非対応 寒冷地仕様にて私 吉川 通子
 

 【巻頭句】

夏好調          四日市   正木 かおる
薬味の戯れあなたに合わせ柔らかな麺
地球背負ってカナブンは忙しい
熱帯の低気圧グルーヴィな青蜜柑
二塁も蹴って走れ
盆明に軽く焙じてみのりと名付ける
やもりのお臍ガラス越しの恋
湯が滲みる昼間の薔薇に嫌われている
        
 都会の夏         東 京   石川  聡
盆の月の亡母の笑っている楕円
白南風のはこぶ音もない真昼だ
青ざめながらアジサイ灼ける
片蔭ゆらす黒衣のゆくえ
また建つビルの灼けた肋
蒼黒という色 敗戦忌
逆立ちした秋だ