近作玉什・巻頭

  【近作玉什】
  二月号作品より       中塚唯人薦
      ―冬の立ち話―
なかよし旅だち年賀の葉書薄く買う  院瀬見美登里
口紅引いて鏡の中の一人芝居      大内 愛子
天高し老いの食代ほどの柿を干す    大西    節
和訳しない君たちのクリスマス     梶原 由紀
誰にも聞こえないくらいに鼻歌のメリークリスマス
                   木内     縉
新聞紙に包んだ白菜ごろごろ冬を越す  熊谷 従子
鋭い酒で今年を屠る         小早川すすむ
餅は四角なのおじちゃんが作ったの   菅原 瓔子
今日も掃いている落ち葉の檄に応えて  高橋  毅
陽に感謝して水となりとけてゆく    田中 教平
誰ですか冷たい指さき中央線      平林 吉明
あっけなく土俵割る冬の太陽       本間 かもせり
甘くなれ干柿呪文をかけてまた吊るす  森        命
新米と林檎 重くて楽しい帰り道    吉川 通子
霜原切り抜く朝陽のエッジ       若木 はるか

【巻頭句】
          冬  空         浜 松  渥美 ゆかり
やけに靴音が高い冬の月
もう少しいての年を引き離し夢の母
生命線のびのびほかほかと冬日
冬の陽を招く床をみがく
雪雲に追われ抹茶買う街に着く
腕にレジ袋大きく傾ぐ風花が舞い
死とは生きる重みの朝の風花

           白い街         東 京         大川  崇譜
白い街あたたかい除雪車についていく
敗車ここに1つけこぼ坂は雪
スミマセンドコデスカ教えますようこそ
しゃんしゃん丸く大好きのかたまり
冬が非純正互換する白インク
日々もやしコートを買い足す
カレー鍋なるアジアの海原