近作玉什・巻頭

  【近作玉什】
        六月号作品より           編集部 薦

 波音まで無愛想汐干狩中止の看板       渥美 ふみ
 美しいものは淋しい夜の白薔薇        渥美ゆかり
 一人暮らしの漬物桶箍(たが)が緩む            伊藤 角子
 ポン八重ポン桜ポンポン笑う         大川 崇譜
 このボールペンずっとある          笠原マヒト
 夜ざくらどの闇からも女が出て来る      梶原 由紀
 呼び掛けて止まった春は寒かった       空 心 菜
 花びらのように自由に飛んでゆきたい     小山 君子
 雨と流れてくる桜には言葉を云えない     小山 智庸
 左側は誰もいない右側はさくらさくら     杉本ゆきこ
 かりそめにたんぽぽ済ませ空中散歩      村井  洲
 早すぎる田植え月が溺れている        森   命
 ごつごつの妙義山から桜あふれ出る      吉川 通子
 そうだなちょっと春風浴びてくる       若木はるか 

  【巻 頭】月号からの特選2名です
  ジャガ芋              武蔵村山   千田 光子
 ジャガ芋の苗植えた関東ローム層手強い
 根づくまで乳母日傘の苗たちよ
 靴箱の長ぐつ出番が来た
 畑の見回りご褒美は苺二個
 木蓮とこぶし分からない兄それでもいいか
 網膜剥離おばさん誰とパンチ交わしたの
 友連絡無し長くのびた首

  みどりの風            浜 松  中村 加代
 桜散ってしまったもう絹さや出る頃                   
 青さ日毎に山もみじの意気込み                       
 街のにぎわいみどりの風に背中押され                 
 やんちゃ坊主釜揚げシラス頬張っている               
 家族支えた母の背古い店守っている                   
 キッチン椅子は四人分一人になった朝餉               
 話聞いてくれる人あって時(とき)偶(たま)の涙