近作玉什・巻頭

【近 作 玉 什】

六月号作品より         中塚 唯人薦

          ―花韮忌―
生しらす黒目てんでんばらばら春へ向く        石川    聡
小さな暮らしに鶯鳴いてくれる            伊藤 三枝
鶯鳴く蕨ニョキニョキ絶好調                                                  小籔 幸子
山椒の木生きて芽ぶいたトゲに細い雨         清水 伸子
ふと見る愛しい花忘れないでね           杉本 由紀子
青い地べたハナニラ白い地べた四月九日が来る                   田中 耕司
靴底に花びら付けて校門を出る           都丸 ゆきお
庭の緑もいろいろ雲ゆったりと流れ                                      中村 加代
戦地の話し繰り返す花韮かおり             平林 吉明
病んでいる大樹だ                    無        一
ぽぽぽ綿毛とばしてタイムリープ             室伏 満晴
ミミズ渇ききり仰ぐ空その青さ              森     直弥
攻めてきたのなら名を名乗れ外来の草           森         命
ハナニラの白い花群れ誰もいない校庭           吉川 通子
辛夷ぽんとはじけた青空              若木 はるか


 
巻頭句

春の香り             浜 松  安達 千栄子
鏡の中しわしわ婆さんがいた
今年のたけのこ狂騒曲終了
音痴のうぐいすイマイチでご愛敬
里山むくむく湧き上がる緑みどり
大仏様も笑ってる生徒達も笑ってる
夕餉の胡麻油の香り夏近い

雨蛙出番です        岐 阜      森       命
今日が今日であるためにトキワマンサク乱れ咲く
若葉の山たのむ心の水の流れ
こんばんは窓にいよいよ雨蛙
連なる観光バスコロナの闇の新時代
生きること捨てず野良猫毛づくろい

年重ね農をささえるブリキのバケツ
薫風旅を練るみちのくは近い