近作玉什・巻頭

  【近作玉什】

   12月号作品より           中塚唯人 薦
   ―秋は饒舌―
やさしい風よ集まれ芒の穂出そろった    渥美ゆかり
毬栗がこぼれる少し欠けていく記憶     大西  節
さつまいもの先が曲がっている冗談     梶原 由紀
少し嘘も入れて秋を飲み込む        熊谷 従子
退屈な一日に空の青青          さいとうこう
さらさらと反骨の一票箱に沈む       菅原 瓔子
夢を育みかれくさ掴んで放った       田中 教平
夏バテしてる間に雑草膝丈まで       船木 恵美
訛りことばコスモスのバスに乗る      平林 吉明
街宣車くたびれて雨の日多くなったね   本間かもせり
たどり着くコスモスの共和国        正木かおる
夜勤の窓一人にひとつづつ名月       森   命
独り言さらって行った風の秋        森川 チヤ
パックの中の椎茸に出べそがひとつ     吉村 紅鳥
ヒマすぎて昼寝の猫をつつく        安達千栄子

【巻頭句】

  秋の夜            香 川  大西 節
池の浮草枯れ急ぐ水位
無住寺に話来た初あらしひとつ
市長選たけなわ里芋を煮込む
蜘蛛の巣おろかに柿の葉揺する
天高し老いの食い代柿を干す
そばを挽く夜長ひとり遠い水音
櫻紅葉ちる城跡石垣の石と向きあう

  我が暮らし            見 附  紺 良造 
襲来の園児に蝗至芸の二段飛びする
晴れ三日の日差し干した大根の葉に
暮らしまずまずの顔暗い茗荷畠覗き
没日背にして蟷螂無為のカマを振り
賢治偲んで枯れ急ぐ山畑に居る
紅白の秋明菊揺れて句帳を飾り
石仏に親しくなって野菊を剪る