近作玉什・巻頭

  【近作玉什】
 三月号作品より     中塚 唯人薦
  ―令和二年始まる―
風を呼ぶ転がる枯葉の悲鳴       渥美 ふみ
丸い丸い大きな月に見送られ旅に出る  大内 愛子
何やらのぞいて雀のお正月       大迫 秀雪
あけましてよいこがはるを待つこまど  梶原 由紀
悲しみエンジン噴射中         加藤 晴正
サザンカの赤なのが淋しくて      空心菜
補助輪つけ春が走りだす        さいとうこう
熱も少し七草粥すすり一人ぽっち    清水 伸子
やせ細っていくこころ日向ぼっこ    田中 教平
髭を剃り顔を洗って神棚お正月     中塚 銀太
たまに会う家族だからね小豆餅     ひつじぐさ
美男葛にごめんください山の路     正木かおる
そばのコロッケ崩し春を待つ      森 直弥
粥の湯気両手でつつむ寒の入り     森川 チヤ
満天星炎としてさよならを言う     若木はるか


【巻頭句】
 如 月          東 京  小早川すすむ
文字の角でさみしさ削る手紙
スワンボート冬日ばかりついばみ
二月が水面に映り二倍
コーヒーに心映さぬようクリープ
金型ホイップしぼり梅
流しそうめん言葉にならぬ筆記体
湯冷めして春とちょうど同じ

 春のくちびる       軽井沢  吉川 通子
足跡たどりながら帰る雪道
ふと田園のメロディ古いCDと父と
冬の陽射しに手の跡いくつガラス窓
そうして少年の顔になり冬陽のグラウンド
氷とけて白鷺ゆったり下りる池の端
今日は春の子を追いかけている
せめて春色のくちびるで