近作玉什・巻頭

  【近作玉什】

    七月号作品より           編集部 薦
 ―夢の途中―
送り火のぼる暮れきってない空          安達千栄子
湾岸プラントの錆びた毛細血管          石川       聡
未だ夢の途中朝顔のつぼみ                                       伊藤   三枝
手提袋にゆるり忍び込んだ梅雨寒                           大西       節
工場ラジオ体操カンナまっすぐ                               梶原   由紀
流れる白い雲をただ見ている病室                           河合    禎
夏の山近くて故郷の空少しだけ見える                   紺    良造
植木屋さん来てくれた一ぺんに夏空                       清水   伸子
女です言葉をくしけずっている                               菅原   櫻子
カタカタとうもろこし茹でて兄の帰り待つ        千田   光子
ビワがなりビワにうぶ毛があり誰もとらない    田中   耕司
すべて思い出とけ始めるアイスクリーム         平林   吉明
登り坂紫陽花の変奏曲に贈られる            福田   幸子
風に選ばれた風車だけが回っている                 村井       洲
夏日ゆらゆら空っぽの部屋                                       吉川   通子

 

  【巻 頭】10月号からの特選2名です

   ―入道雲―                                東 京   上塚 功子
  三年目の検査結果オールパスみそはぎ咲く
  紅葉葵の真っ赤な日友を訪ねる
  秋の気配そりゃあツクツクボウシに敵うものなし
  朝露のせネコジャラシの穂たれる
  白ウサギを包んだガマの穂すらり背高
  花から花へ蓮の蜂蜜たっぷり採れる
  ラジオ体操たんたったたんたんとミーンミンミン

  おもてなし          大 仙         森川 チヤ
 ポキポキと白い日傘を折りたたむ
 少年が口笛吹いて文月を駈けて来る
 お役所に梅課ありと云う梅どころ
 涼しさが何よりの「おもてなし」山のお寺
 今落ちんとす大きな夕日を懐に
 失敗は許されぬ齢で梅漬ける
 紫陽花が呼び込んだ昨夜の雨に色を増す